« 思い通りには・・・ | トップページ | 本日から、通常のご予約を再開です。 »

2018年10月11日 (木)

上手い下手より大事なもの

技術が上手い所もあれば、正直に下手としか言いようがない所もあります。

その基準は、必要な要素をしっかりとおさえているかどうかです。

特別に上手い例を除けば、そこが出来ているかどうかだけなので、下手と言われる範囲は、やっている事に意味があるのか、疑問が残ると思います。

しかし、技術が上手いだけで、その人に依頼をしたいかどうかは、別の問題です。

お仕事を頂くという事は、そこに信用や魅力を感じるかどうかだと考えています。

たぶん、上手いだけの人なら、むしろ大勢いるのでは・・・?!と思っています。

本当に良いお仕事は、人に何かを語りかけるものがあったり、なぜだか分からないけど、明らかに違うものを感じるなど、最初はそんなニュアンスを感じる程度の場合もあります。

しかし、いつか色々なものを比較して見られるようになった時、その大きな差に気が付いたりもします。

私が日頃から人に何かを伝える場合に、心があるかどうかをお話していますが、ただの作業だけをするなら、私はやらない方が良いと考えるくらい、その方の為に真面目に取り組みます。

ですから、その方の為に・・・と思えない相手には、作業をする事は出来ないという事でもあります。

一般的には、それは許されない事ですし、プロとしてはどうなのかと疑問もあるかもしれませんが、人として心のある仕事を考える中では、どうしてもそうなってしまいます。

特別な事でもなければ、私は仕事拒否はしていませんので、そこまでOKの範囲が狭いと言う訳ではありませんから、どうぞご安心ください。

一般的な社会の中で、一般的な大人としての行動が出来ていれば、それ以上は必要ありません。

« 思い通りには・・・ | トップページ | 本日から、通常のご予約を再開です。 »

刃物」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研ぎ」カテゴリの記事

砥石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い通りには・・・ | トップページ | 本日から、通常のご予約を再開です。 »