« 安定を | トップページ | 結果の為に »

2024年1月 7日 (日)

砥石の面の管理について

刃物を砥石で研ぐ場面で、砥石の修正はどのくらいの頻度で行っていますか?

これは研ぐ事の必須条件として、何度もこの手の内容は書いて来ました。

砥石の修正に必要な砥石修正器や、修正用砥石などがありますし、昔はブロック塀材や大型グラインダーの砥石を使うなど、色々な方法があります。

また、同じ砥石を2丁用意し、擦り合わせて修正をしながら使う例もありますが、出来れば3面欲しい所ですね。

さて、砥石の修正頻度についてですが、どんな刃物をどのくらいの時間研ぐのかで、それは大きく変わりますが、ある程度、全面を使ったら、研ぎの最中でも修正を行いつつ研ぎ、その砥石の仕上げとなる最終段階になったら、また修正をして良い面で研ぐ事が推奨されます。

また、修正の精度については、高精度での修正が理想ですが、柔らかい砥石を使う方の場合、直ぐに面は崩れますので、1~3μのような高精度ではなく、10μオーバーの精度でも十分でしょう。

中硬以上を使う場合は、それなりの精度を出さないと、砥石に刃物の面が合って行きますので、気を付けた方が良いです。

平面研ぎとなる、切出小刀や鉋や鑿の場合、本当に高精度で研ぎを行う方は、本当に僅かにだけ研ぎ修正をするなど、そういったこだわりをお持ちの方も多いようです。

少なくとも、毎回研ぐ中で修正は必ず行うようにし、研ぎを何回か行う中で一度程度だろ、明らかに足りないという認識だけは、お持ちになって頂きたいと思います。

折角の研ぎ技術がある可能性を潰す事になりますので、砥石の面修正による管理は、必ず行ってくださいね。

 

« 安定を | トップページ | 結果の為に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研ぎ」カテゴリの記事

刃物」カテゴリの記事

砥石」カテゴリの記事