« 決まった原理の中に収めないといけない刃物 | トップページ | またもや値上げの波が・・・ »

2024年4月17日 (水)

丁度話題に出ましたので・・・

つい最近の事ですが、お客様とのやり取りの中で、ヘアライン仕上げについて、話題が出ましたので、少しお話をと思います。

磨き作業の一つですが、線を揃えるように付け、それを仕上げ目とする事です。

加工のやり方であったり、刃物の性質、磨きの下地具合、磨きに使う機械部材、等によっても、見た目は色々と変わります。

それらをコントロールする事で、同じヘアラインだとしても、色々な仕上がりを作る事が出来ます。

包丁関連では、特に洋包丁で良く使われますが、荒目~中荒くらいがおすすめです。

また、和包丁の場合でも、汚れ落としや削り目の目を揃えたり、磨き作業としても使われます。

削りだけでヘアラインを作ろうとすると、可能ではあるのですが、表面はザラついて荒れますので、同じような荒さであっても、磨きでのヘアラインにする方が良いでしょう。

当方で可能なヘアラインは、大まかに見て、7種類くらいあります。

自分で気が付いていないだけで、今前やった事があるというだけのものを含めると、もしかしたらあと2種類くらいは追加出来るかもしれません。

これは下地の具合と、仕上げのやり方の組み合わせによるもので、刃物や鋼材や硬度などによって、使い分ける為に用意してあります。

ほとんどは決まった範囲でのみ、仕上げを行っていますので、ほとんど使わないものもあるのですが、相性の問題があるので、幅広く用意が必要です。

同じ#の物でも、傷の付き方が異なりますし、効率も全く違うので、効率重視か仕上げ重視か、それによって変える事ももちろんあります。

そんなに種類が必要なのか?と聞かれると、多分必要は無く、2種類くらいでも十分仕事としては使っていかれるでしょう。

あとは、ヘアライン+磨きの組み合わせで、違った表情を出す事も出来ます。

ヘアラインも磨きの一つと考えますが、別の磨きを組み合わせる事で、同じような目なはずなのに、違った表情を見せる事もありますので、それもやってみる価値はあると思います。

 

 

« 決まった原理の中に収めないといけない刃物 | トップページ | またもや値上げの波が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研ぎ」カテゴリの記事

刃物」カテゴリの記事

砥石」カテゴリの記事