« 当方の和包丁の研磨には特徴があります | トップページ | 裏鋤(うらすき)のお話 »

2024年6月27日 (木)

安い方が良いという気持ちは分かります

研磨や研ぎの価格だけを見た場合、安い方が良いという気持ちは凄く分かります。

私も何でもかんでも高くても気にしないとか、その金額の内容を確認もせず、大金を払うつもりはありませんので・・・。

ただ、必要に応じて、必要な金額を支払う事は、重要な事だと思います。

なぜなら、そこを削減する事で、後でもっと大きな出費が待っている可能性があるからです。

例えば、今のうちに大きなサビを取っておけば、これ以上広がる事は無かったのに、価格を抑えようとしてサビは無視して加工の依頼をし、その後そのサビが深く広くなって、穴が空いて直せなくなった・・・と言う例があります。

また、欠けがそれなりにあって、いずれ直るだろうと思い、必要箇所だけの研ぎを依頼して済ませたけれど、その欠けた部分から更に欠けと亀裂が広がり、直しの金額が高額となり、刃物サイズが小さすぎて使えなくなる見込みで、廃棄せざるを得なくなった、などもあります。

いま必要かどうかも大事なので、削減したい気持ちは分かりますが、この先にそれを削減する事で、先で何が起こるのかという事まで把握し、それを明確に理解したら、今やっておくべき事というのは、非常に多くあります。

ちょっとだけだから・・・は、良く考えられる事ですが、そのちょっとと思っている事すら、実は大きな問題の可能性もある訳ですし、知識と技術のある方から、具体的な説明をしっかりと受け、それでも覚悟があって今は削減をするのか、良く考えてみてください。

当方では、必要以上の事はご案内しません。

分かりやすく言うと、例えばですが、雑に使うから何となく使えれば良いと言われている刃物に、高精度で鏡面仕上げや最高級の手研ぎを付けておすすめするなど、完全に無意味な事ですよね。

また、必要な範囲が2か所の修理なのに、全部を無理に含めて10か所分をやった方がいいですよ!と、嘘をつくようなご提案ももちろんしません。

何をどこまでやるかは、最終的にはお客様の判断におまかせをしますが、ただ金額を安くしたいという理由だけで、内容を削減するのは、良く無い事も多いですから、折角まともに直したいと思うのであれば、必要範囲まではやった方が良いでしょう。

あとは、見た目の部分に金額を使い、修理範囲は2の次という例もありますが、その見た目を維持するにも、基本の直しがあってからだと思います。

また、どこの誰に加工を依頼するかで、その加工がどういったやり方や結果になるか、その辺りはしっかりと判断して頂きたいと思います。

当方では良くある事で、最後の砦のような感じで、恐る恐るご利用になられる方が結構いらっしゃいまして、どうせここも駄目なのだろうと諦め半分で、もう頼もうと思えるところが無いと、悲痛の叫びでご依頼なさってくる方がいらっしゃいます。

色々なメーカーや職人の所で、価格と内容を見てきて、大丈夫だと思ってお願いをしたけれど、思うような結果では無かったし、言われたほどの結果でもなかったという事で、ご不満を抱えている方は非常に多いです。

その間に、刃物はどんどん削り小さくなり、使っている量よりも、直している量の方が多いと、苦笑いでお話になる方もいらっしゃるくらいです。

同じような金額でも、加工の技術や使う機材や部材なども異なりますし、高いから必ず良いとも限りませんから、内容と金額とご自身の満足の範囲が一致するところで、是非お願いをしてください。

少なくとも、明らかに安く速い所で、他より絶対的に良かったという声は一切ありませんから、値段相応の部分はそれなりにあるかと思います。

購入に関してのお話も一応しておきます。

例えばですが、「1万円、3万円、10万円、20万円」の製品があり、求めている内容が3万円なのに、20万円をおすすめするような例もあります。

これも当方では、内容とご予算を伺い、それが一致していれば、3万円のものをおすすめします。

逆に、商売としてもっと高い物を売り込まないんですか?と、言われてしまう事も何度かありましたが、必要以上でも以下でも、そこには求める内容が無ければ、的確なアドバイスをしたとは言えませんから、私は意味もなく、高い方をおすすめしたり、安い方をおすすめする事はありません。

内容が金額と一致していない場合は、その内容はこの辺りなので、予算を変更してこちらにされた方が・・・とお話する事はありますが、それはまた妥当との判断からです。

稀に、望むものは非常に多く、一般的なプロ以上の細かい内容の指定があるのに、予算がとんでもなく低い方がいらっしゃるのですが、その内容をその金額では絶対に買えませんよ・・・と、残念なお話もしなければならなかったりします。

予算を優先するか、内容を優先するかで、おすすめの内容は当然変わりますから、その辺りはご自身で決定をし、満足な買い物をなさって頂きたいと思います。

 

« 当方の和包丁の研磨には特徴があります | トップページ | 裏鋤(うらすき)のお話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研ぎ」カテゴリの記事

刃物」カテゴリの記事

砥石」カテゴリの記事